「全ての活動は健康の上に成り立つ」をモットーに健康についての情報ブログです。役に立つよ。

健康がいちばんブログ




効率的な脂肪燃焼につながる筋トレとは?

 




この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

社会人にとって、運動のために時間や体力を使うのは大変なもの。

仕事終わりや休日などの限られた貴重な時間を割いて運動するのですから、少しでも効率的に筋肉を鍛えたり、脂肪を燃焼させたりしたいですよね。

脂肪燃焼には有酸素運動が欠かせませんが、酸素を体に取り込みながら筋肉に負荷をかければ、効率的な脂肪燃焼を実現できます。そこで今回は、ジムでのトレーニングに役立つ効率のよい運動方法をご提案します。

 

有酸素運動で脂肪燃焼できるワケ

運動には体脂肪をエネルギー源とする有酸素運動と、糖質をエネルギー源とする無酸素運動があります。

ダイエットで重視されるのは、体脂肪を燃やすことができる有酸素運動。

呼吸で取り込んだ酸素を使い、体内に蓄えられた体脂肪を燃やすことで運動を行います。

体脂肪をたくさん燃やすためには、ウォーキングや水泳、エアロビクス、エアロバイクなどの軽~中程度の運動を長時間持続させることが大切です。

 

有酸素運動を長時間続けられるのはなぜ?

筋トレや短距離走などの無酸素運動は、瞬発的に大きな力を使うもの。

無酸素運動を行う際、エネルギー源である糖質を分解しますが、この時に乳酸が生じます。

疲労物質である乳酸が大量に発生すると、体が疲れを感じてしまい、長時間の運動することは困難です。

しかし、有酸素運動は運動強度が異なるため、乳酸は発生しません。そのため、有酸素運動は長時間続けることが可能なのです。

 

 

効率よく筋トレする方法

有酸素運動が脂肪を燃焼させるからといって、がむしゃらに運動していては時間も体力も浪費してしまいます。

そこで取り入れたいのが、無酸素運動の筋トレです。

有酸素運動と無酸素運動の両方をメニューに取り入れることで、効率よく脂肪を燃やしながら、筋力を高めることができます。

 

筋トレと有酸素運動、セットで行うことが引き締まった体を育む

有酸素運動だけで脂肪を落としても、筋肉が少なく魅力に欠けることも。

引き締まった体をつくるためには、筋トレを取り入れたいところですね。

これまで筋トレを習慣づけても、あまり効果を感じられなかった人は、筋トレだけでなく有酸素運動をセットで行ってみましょう。

筋肉が増えると、血流や酸素の供給がよくなり、基礎代謝量の増加が期待できます。

基礎代謝量が増えることで、寝ているだけでも脂肪が燃焼されやすくなるため、痩せやすい体質へと近づくことができるのです。

 

 

筋トレ前に走ってみる

ジムで運動をするなら、マシンを駆使してより効果的に脂肪の燃焼を図りましょう。

ジムにランニングマシンがあれば、まずは走ってみることをおすすめします。

そのほか、スイミング、エアロビクス、エアロバイクなどでも構いません。

有酸素運動をできるだけ長めに行い、脂肪の燃焼を促しながら体の代謝を高めましょう。

さらに筋トレをプラスします。ゆっくりと細く息を吐きながら、じっくりと負荷をかけるのがポイントです。

 

どんな筋トレをすればよい?

ジムで筋トレをするなら、まずはレッグプレスやレッグエクステンションなど脚のトレーニングから開始して。

大きな筋肉は下半身に集中しているため、脚から始めることで全身の筋肉を目覚めさせやすくなります。

次に、ベンチプレスやダンベルプレスで胸を鍛えましょう。

最後に、ラットプルダウンで背中のトレーニングを行うのがおすすめです。

自宅でのトレーニングでは鍛えにくい部分でも、ジムのマシンを活用すれば効率よく鍛えられるのがうれしいですね。

 

 

効率的なトレーニングで理想の体に

偏ったトレーニングでは、バランスよく引き締まった体を手に入れるのは難しいもの。

有酸素運動と筋トレをうまく組み合わせることで、効率的に脂肪を燃焼させながら、筋肉を鍛えることもできます。

運動効果を高められるメニューを組んで実践し、理想の体に近づきましょう!

 

 

 

Pocket

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 健康がいちばんブログ , 2018 All Rights Reserved.