「全ての活動は健康の上に成り立つ」をモットーに健康についての情報ブログです。役に立つよ。

健康がいちばんブログ




茅ヶ崎でサーフィン!6つのサーフポイントと特徴を紹介。自分に合ったポイントを選ぼう!

 




この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

東京オリンピック2020の正式種目に選ばれたこともあり、最近はテレビなどでもサーフィンを目にすることも多くなりました。

この夏サーフィンを始めた方も多いのではないでしょうか?

 

今回は私のホーム茅ヶ崎の海 サーフポイントの特徴を紹介したいと思います。

もし茅ヶ崎でサーフィンする予定がある方は参考にしてください!

 

 

 

なんと言っても海から見える景色が超絶最高!!

 

茅ヶ崎の各サーフポイント、天気がいい日は

東に三浦半島と江ノ島
南にえぼし岩
西にでっかい富士山に伊豆半島

この全てが一望できます。

 

海から見る富士山はとても大きく見えるんですよね!

 

サンセットの時なんか、超絶最高ですよ♪

 

 

6つのサーフポイント

 

東から順に

汐小前
チサン
チーパー
パーク
裏パーク
白樺

 

6つのサーフポイントが点在します。

実はこれ以外にもいくつかポイントはありますが、今回はメジャーなポイントを紹介していきます。

 

ちなみに茅ヶ崎の海は地形が深めなので波の無い日、結構あります。1ヶ月近く無いなんてことも。

 

しかし!
台風などしっかりとしたウネリが届いた時は湘南屈指、いや日本屈指のビーチブレイクと化しまっせ♪

 

 

汐小前

辻堂との境にあたるポイントです。
大きなウッドデッキが目を引くポイントです。
そこから波チェックができます。

 

地形  深め

レベル 中〜上級者向け

特長
周りのポイントより1サイズ大きい波になることが多い。台風などの時はチューブになります。
良い時はプロも集まります。
数年前の台風ではカノア五十嵐さんも汐小前に入ってました。

 

上手な人多いね、ここは。

 

 

チサン

汐小前の西に位置するポイント。
国道134号線の浜須賀交差点から海に入った場所です。

 

地形  深め

レベル 中〜上級者

特長
周りのポイントより1サイズ大きい波になることが多い。台風などの時はチューブになります。
朝一や放課後など上手なキッズ達が集まるポイントです。
ポイントも広いので、人がバラけやすく混雑した海が苦手な方におすすめ。

 

入っている人も他のポイントに比べ穏やかに感じます。
私が一番よく入っているポイント。入ったときの雰囲気も好き。

 

 

 

チーパー

チサンとパークの間にあるのでチーパーです。
茅ヶ崎の中でもロング比率が高いポイント。SUPもここに集まります。

 

地形  深め

レベル 初〜上級者

特長
横一線に波が崩れるワイドな波が多い。
一年を通して比較的地形が安定していてコンスタントに波がある。

 

 

ロングに波を取られることが多いかなー。

 

 

 

パーク

T字の大きな堤防の東側のポイント。
周りよりワンサイズ小さめな波が立つ。
始めて茅ヶ崎の海に入る方は、まずここに入りましょう。最も安全で練習しやすいです。
その反面茅ヶ崎で1番人が集まるポイントでもあるので混雑もしやすいポイントです。

 

地形  浅め

レベル 初めて〜上級者

特長
堤防脇のにあり、正面にえぼし岩見える。
地形が浅めで複数の場所で波が割れる。混雑しやすい。
初心者の練習に向いたポイントだか、波が大きくなると堤防脇から沖に向かって流れが起きやすく、流される事故が起きることもある。

 

 

ここは混むので、私は空いてるときしかここに入りましぇん。

 

 

 

裏パーク

T字の堤防西側のポイント。
トイレ、シャワーがある。
ドン深なのでなかなか波が立たない。

 

地形  深い

レベル 中〜上級者

特長
ドン深なので強いうねりが入らないと波が立つことがない。
波が立つと水量が多く厚い波が割れ、とてもパワフル。チューブになる事もある。

 

 

いい時はホントいい波の割れる!

 

 

 

白樺

茅ヶ崎野球場の前に位置。
裏パーク同様、ドン深で普段は波が立ちづらい。
台風のうねりがヒットするとやばい波がたつぞー!!

 

地形  深い

レベル 上級者

特長
深い地形なので普段は割れることがないポイント。
台風などの強いにも耐えられるポイント。
厚いパワーのある波になりチューブになり、プロのセッションになる。
数年前の台風の際は8フィート近い波が割れる。

 

 

ここに入るには勇気がいる。うん。

 

 

まとめ

 

初心者の方は最初は波の穏やかな日に地形の浅いパークで練習しましょう!
他は基本地形が深めなので、パークなら安心して練習できるはずです。

 

ポイントによって波の質、見える景色、人の雰囲気も違います。

ぜひ参考にしてみてください!

 

 

では、ばいなら!!

 

 

Pocket

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 健康がいちばんブログ , 2017 All Rights Reserved.